IT業務の内製化状況

独立行政法人情報処理推進機構「DX白書2021」/「IT人材白書2016」の統計情報をみると、国内事業会社のシステム開発/運用業務において、外注比率(IT子会社を含む)は年々少なくなっており、内製化が進んでいるようだ。

内製化が進んでいる業務の中でも、「社内業務プロセス設計」においては、社内のIT部門離れが進んでおり、事業部門などが直接担当する傾向が年々強まっている。

<国内事業会社のIT担当部門2020年/2019年度調査>

出所:独立行政法人情報処理推進機構「DX白書2021」
(Copyright DX白書(2021) IPA)

<国内事業会社のIT担当部門2015年度調査>

出所:独立行政法人情報処理推進機構「IT人材白書2016」
(Copyright IT人材白書(2016) IPA)

IT業務内製化の課題と解決方法

IT業務内製化の主なメリットとして、外注コストの削減や開発期間の短縮、システムの把握、システムに関するノウハウの蓄積などが挙げられる。

この様に得られるメリットが多い内製化だが、デメリットもある。主なデメリットとして、システム品質が低下する可能性があることや、IT人材を確保する必要があることなどが挙げられる。

この課題を解決してくれる方法として、「ノーコード/ローコード開発」が挙げられる。

ノーコード開発は、事業部門などがIT業務を直接担当しなければならない場合の強い味方になる。また、社内のIT部門で少し複雑な開発が必要な場合は、プログラミングを含んだローコード開発が高度な要望に応える。

ノーコードでIT業務を内製化する方法

クラウド型ワークフロー「Questetra BPM Suite」を使えば、ノーコード、ローコードで業務システムを開発することが可能だ。

Questetra BPM Suite の特徴

 – ノーコードで、素早く、簡単に業務アプリが構築できる。

  • 画面上で作成したワークフロー図が、そのまま業務アプリになる。

 – ミス、モレなく業務を確実に処理できる。 

  • ワークフロー図通りにタスクが処理される。
  • 処理すべきタスクは、告知されマイタスクに入る。

 – 自動処理で業務のスピード、質があがる。 

  • 業務データの差込やメールの自動送信が可能。
  • 外部のクラウドサービスとAPI連携し、自動処理が可能。

 – 業務進捗や実績を可視化できる。

  • ワークフロー図上で、タスク毎の進捗や実績が把握できる。

Questetra BPM Suite で得られるメリット

デジタル化が社内で手軽にでき、仕事の品質が上がり、業務を効率化できる。

 – ワークフロー図で業務がマニュアル化される。

 – 誰でもルール通りに業務を遂行でき、業務のムラが軽減される。

 – 工程から工程へ仕事のバトンが自動的に渡される。 

 – 業務がスムーズに進み、業務時間が短縮される。 

 – 複数のクラウドサービスとAPI連携できる。

 – 連携したクラウドサービスを自動処理できる。

 – メール送信やPDF作成など、その他多くのタスク処理を自動化できる。

IT業務の内製化における「業務プロセスの設計」や「業務プロセスのデジタル化」には、Questetra BPM Suite をお勧めしたい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。