こんにちは、マーケティング部の林です。

今回は、業務改善を検討する際の指標となる「QCDの改善」について、ワークフローシステムを活用した成功例を紹介しつつ、解説していきたいと思います。

QCD 改善とは?

QCD は、製造業の品質管理において重要な3要素「Quality(品質)」「Cost(費用)」「Delivery (納期)」の頭文字をつないだ言葉です。しかし、現在では製造業だけでなく、ビジネスシーンから日常生活まで応用できる視点として広く知られるようになりました。

QCD の改善とは、

  • Quality(品質)を「低い」から「高い」に
  • Cost(費用)を「高い」から「安い」に
  • Delivery (納期)を「遅い」から「早い」に

することを指します。これは製造業だけでなく、あらゆる業種にあてはめることのできるフレームワークです。

「Q」の水準は落とさない

ちなみに QCD においてもっとも重要とされるのが「Q」、すなわち「品質(Quality)」です。これは製造業なら商品の、サービス業ならサービスの品質を表します。

QCD 改善の大前提として、

  • Q(=品質)は落とさない

ことが大切なのは言うまでもありません。たとえば、費用(Cost)や納期(Delivery)が改善されても、「安いけど、すぐ壊れる」「早いけど、仕事が荒い」といった結果になってしまっては、顧客満足度は下がってしまいます。

「C」と「D」は同時に改善できない?

一方、QCDの「C」と「D」ですが、この2つを同時に改善するのは困難といわれています。

業種によっては「Delivery (納期)」を「スピード」と言い換えてもいいかもしれませんが、たとえばワインのボジョレー・ヌーヴォーを例にとると、航空便で運ばれたものは解禁日に届くかわりに高価ですよね。逆に船便で運ばれたものは、時間がかかるかわりに安価です。ここで「安さ」と「スピード」を両立させるのは難しく、もし無理に「早く届くけど安価」を実現させるならば、仕入れるワインの品質を落とすことになるかもしれません。

このように、QCD における3要素は、お互いに深く影響しあう関係にあります。そのため、QCD 全体のバランスを見ながら改善を進めることが重要です。次項では、ワークフローシステムを活用して QCD をバランスよく改善した成功例を紹介します。

QCD をバランスよく改善した事例

ではここで、QCD 改善の具体例として、三信電気株式会社の事例を見てみましょう。

同社では、もともと紙ベースで受発注管理をおこなっていましたが、紙の書類から Excel と複数のシステムに入力する際に「転記間違い」が発生することや、社内の承認スピードが遅いことが問題でした。また、紙の書類の印刷・保管に手間やコストもかかっていました。

そこで同社では、クラウド型のワークフローシステム Questetra BPM Suite を導入し、業務の自動化・ペーパーレス化をおこなって、下記のような成果を得ました。

  1. 入力の手間を軽減し、ミスも低減:品質(Quality)の向上
  2. 管理コストを50%削減:費用(Cost)の抑制
  3. 申請から承認までの業務時間を短縮:納期(Delivery)のスピード化

1は、書類作成のために複数のシステムや Excel に入力していたデータを、Questetra BPM Suite だけに入力すればよくなったことによるメリットです。また、手間の軽減やミスの低減には、自動入力や PDF の自動生成といったワークフローシステムの機能も役立っています。

2は、書類の印刷や保管に関する手間と費用を、ペーパーレス化により削減できたことによる効果ですね。

3は、Questetra BPM Suite がクラウド型であり、「インターネット環境さえあれば、どこでもオフィスで使っているのと同じシステムに簡単にアクセスできる」ことによるメリットです。同社では、申請者と承認者が社外にいるときには申請・承認作業ができず、長い場合には書類への押印に数日を要していました。しかし、Questetra BPM Suite によって社外でも申請・承認がおこなえるようになったため、社内に申請書が滞留することはなくなりました。

こうして全体で見てみると、本事例では QCD をバランスよく改善できたことが分かります。

QCD改善にワークフローシステムが果たす役割

前項で述べた事例から、QCD 改善におけるクラウド型ワークフローシステム・Questetra BPM Suite の有効性はお分かりいただけたかと思います。

ワークフローシステムは、パソコン上で業務の流れを簡単に図式化でき、作成した図の通りに自動で業務を進められるソフトウェアです。QCD 改善の基本となるのは、業務の現状を把握し、優先すべき改善ポイントを絞り込むことですが、こうした一連のプロセスをおこなう上でも、ワークフローシステムは大いに役立ちます。

たとえば、業務の流れが図として視覚化されれば、改善ポイントは見つけやすくなります。また、QCD のバランスを検証する際には、ワークフローシステムに蓄積された「作業の処理にかかった時間」などのデータが参考になるでしょう。

ちなみに、弊社が提供している Questetra BPM Suite は無料お試しも可能です。この機会に  Questetra BPM Suite で、QCD 改善に着手してみてはいかがでしょうか?

▼無料お試しはこちらからもお申込みいただけます▼

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。