クエステトラ:クラウド型ワークフローv12.1、優先度の高い仕事の一覧表示

重要案件を見逃さず、生産性の向上を加速

 20200713-PR-ja-v121-listing-by-high-priority.pdf

SaaSベンダーの株式会社クエステトラ(京都市、代表執行役 CEO 今村元一)は7月13日、クラウド型ワークフロー製品である 『Questetra BPM Suite』 の新バージョン12.1を公開しました。新バージョン12.1では、「新着の」や「締切が近い」など、目的に応じて絞り込んだ自分の仕事の一覧を、ワンクリックで表示できるようになります。

働き方改革の推進や少子高齢化により労働力不足の懸念が高まる中、生産性の向上が大きな課題となっています。多くの業務遂行の現場では、従業者自身も生産性向上の施策に取り組んでいます。日々の業務では、膨大な量の仕事が処理されますが、優先度の高い仕事から処理されるようにすることは、生産性を高めるための工夫の一つです。

『Questetra BPM Suite』は、これまでも自分の仕事にスターマークをつけて、優先度の高いものを分類することは可能でしたが、手動でつけなければならないという課題がありました。新バージョン12.1からは、自分の仕事を目的に応じた条件で絞り込むことができる機能が提供されます。これにより、例えば、優先的に対応しなければならない工程、顧客、件名に含まれる文言など、で絞り込む件を保存しておき、絞り込まれた仕事の一覧をワンクリックで表示することが可能になります。

Questetra BPM Suite とは

クラウド型ワークフロー『Questetra BPM Suite』は、ペーパーレス環境やリモートワーク環境を推進するための業務プラットフォームです。業務案件は業務フロー図に従ってコントロールされ、案件が人間工程に到達すれば担当者はアウトプットを求められます。また、案件が自動工程に到達した際には、「PDFの生成」や「クラウドストレージへの保存」といった既定の処理(サーバサイド処理)が自動的に行われます。(BPM: Business Process Management)

「稟議承認フロー」「文書翻訳フロー」「品質チェックプロセス」「請求書発行プロセス」といった様々な業務に適用していただけます。各業務のプロセスオーナーは日々の業務の中で少しずつ「業務プロセスの改善」を実践することが可能です。(業務フロー図サンプル: https://questetra.zendesk.com/hc/ja/articles/360012492211

マイタスク / 引き受け待ちタスクの絞り込み機能について

自分の仕事が一覧表示される「マイタスク」と、引き受け待ち状態の仕事が一覧表示される「引き受け待ち」において、検索条件や表示項目を設定して検索できます。それらの設定に名前をつけて保存し、サイドメニューに表示させることができます。これにより、予め設定しておいた設定に基づく検索結果(絞り込まれた仕事の一覧)を、ワンクリックで表示することができるようになります。

その他の機能改良について

マイタスク / 引き受け待ちタスクのページング表示

自分の仕事や引き受け待ち状態の仕事が指定された件数を越える場合に、複数ページに分けて表示されます。1ページあたりの件数を適切に設定することで、画面スクロールの回数を減らすことができます。

契約情報の表示

ライセンス情報ページ(システム管理者のみ閲覧可能)で、契約中の「エディション」と「支払プラン」を確認できます。

スクリプト工程を強化

スクリプト工程にて、XML 文字列を解析したり、Bsc64 エンコード / デコードができるようになります。また、スクリプト内で送信した HTTP リクエストについて、レスポンスのヘッダ情報を取得できるようになります。

詳細については、リリースノートを御参照ください。

Ver. 12.1 リリースノート: https://support.questetra.com/ja/versions/version-1210/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。