Changes in the Handling of Consumption Tax due to the Tax Code Revision
We will charge the consumption tax to your bill, starting January 1, 2016.

 

株式会社クエステトラは、2016年1月1日以降のご請求より、国内取引について別途消費税を加算させていただくことに致しました。

2015年税制改正により、2015年10月1日以降「国境を越えた役務の提供」に係る消費税課税につき見直しが行われ、これに伴って、米国法人をはじめとする各社のクラウドサービスにも消費税が課税されることとなりました。

これまで Questetra 社では、多くのクラウドサービスが課税されていない実態や、原価対象が海外役務であったこと等を勘案し、消費税相当額を Questetra 社にて負担する判断をして参りました。しかしこの度の税制改正およびそれに伴った原価上昇等の状況をふまえ、2016年1月1日以降のご請求分より該当サービスについての消費税を請求させて頂くこととなりました。

何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

すでにお支払い済みおよびご請求済みの長期契約分に関して、追加の請求はございません。また、販売パートナー様から Questetra 利用ライセンスをご購入いただいたお客様は、詳細につき販売パートナー様にお問い合わせください。
<関連情報>
◇国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直し(国税庁)
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/cross/01.htm
◇国境を越えた役務の提供に対する消費税の課税の見直し(財務省)
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/134.htm

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。