業務フロー図を描く。
仕事の質、効率が上がる。

– お役立ち資料をダウンロードする –

業務フロー図とは?


資料を読めばわかる!

業務フロー図や業務プロセス、業務の自動化、業務改善、複数クラウドサービスの連携などについて、最新のお役立ち資料をダウンロードいただけます。

お役立ち資料のダウンロード方法


お役立ち資料は、以下の手順でダウンロードし、無料でお読みいただけます。

  1. 入力フォームに、ダウンロードURLを受け取るメールアドレスを入力。
  2. 「プライバシーポリシー」を確認後、同意にチェックを入れる。
  3. しばらくすると、登録したメールアドレスにメールが届きます。
  4. 届いたメールに書かれたURLから資料をダウンロードできます。

※下記フォームで送信できない場合は
こちらからお申し込みください。

– クラウドワークフローを試す –

業務フロー図を描く
そのまま運用できる


無料で試せる。カンタンに描ける。

業務フロー図を作成すると、あっという間に業務アプリが完成。
クラウド型業務フローシステム Questetra BPM Suite です。

Questetra BPM Suite は、多くの企業様にご利用いただいております。

導入事例はこちら

※下記フォームで送信できない場合は
こちらからお申し込みください。

次世代クラウドワークフロー Questetra BPM Suite のポイント

ポイント1

すばやく、カンタンにアプリ作成


ノーコードで作成した業務フロー図が、
そのままアプリになる。

  • カンタンなマウス操作で、業務フロー図を作成できます。
  • 作った業務フロー図は、そのまま業務アプリになります。
  • 入力画面は、入力項目などを設定するだけで自動作成されます。

よくある質問はこちら

ポイント2

ミス、モレのない確実な処理


業務プロセスをルール化し、
自動化できる。

  • 業務フロー図を作成することで業務をルール化できます。
  • つまり、マニュアル通りに誰でも業務を遂行できます。
  • マイタスクに自分のタスクが常に可視化され、メールでも通知されます。
  • また、処理後は工程から工程へ自動的に仕事のボールが渡ります。
  • 誰がどの工程を処理した/しているかが可視化できます。

よくある質問はこちら

ポイント3

スピード、質があがる自動処理


各種クラウドサービスと連携。
自動処理ができる。

  • GoogleスプレッドシートやGoogleドライブ、Googleカレンダー、Microsoft365、Box、kintone、slackなど複数のクラウドサービスと連携できます。
  • また、これらクラウドサービスのフォルダ作成/削除やレコード追加/更新/削除など、ワークフローから自動処理できます。
  • これら以外にも、メール自動送信やPDF自動生成、条件分岐、並列処理、データの自動セットなど、様々な自動処理ができます。

よくある質問はこちら

Scroll to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。