Staff Blog

Starter エディションをご利用の方へ

2020年7月1日にサービス体系が変更されます。このタイミングで Starter エディションの受付が終了し、新たに Trial エディション(無料)がスタートします。

Paperless Workflow

業務効率化のためのペーパーレス、キャッシュレス、そして〇〇レス

“業務プロセスを管理する” というマイナーな(?)サービスを創り続けて12年(クラウド型 業務プロセス管理: SaaS BPMS)。”プロセス改善” について、助言を求められる機会も少なくない。しかし、現状プロセス(As-Is プロセス)があまりにアナログな状態過ぎて、回答に窮してしまうケースもある。もちろん、彼らは “従来のヤリカタ” に魂を縛られているだけだ。。。この様な場合、助言者として、専門家として、コンサルタントとして、どのような心づもりをしておくべきのだろうか。。。デジタルトランスフォーメーションが叫ばれる今日、改めて考察してみた。

2月20日(京都):業務モデリング体験セミナー

業務プロセス図を描き “業務の見える化(可視化)” をすることで、どのようなバリューが生まれるのかを紹介します。そして、「業務プロセス図」を描く方法のひとつである、世界標準記法 BPMN で「業務プロセス図(ワークフロー図)」を作成できる「Questetra BPM Suite」を使い、”業務の見える化” を実現する方法を解説いたします。

2月13日(東京):事務処理のプロが実践する標準化・可視化の事例セミナー

事務処理のプロ(BPO受託事業者)が実践する「業務の標準化」や「進捗の可視化」などの業務プロセス管理に関する成功事例を紹介いたします。「事務処理のプロと同じレベルの徹底した業務プロセス改善・管理を目指す組織」「BPO 受託事業者」に所属する現場マネージャやSV(Supervisor)にとってお役に立てる情報を提供いたします。

Starter エディション終了について

2020年7月1日にサービス体系が変更されます。このタイミングで Starter エディションの受付が終了し、新たに Trial エディション(無料)がスタートします。

bpmn timer start event

業務プロセス、改善サイクルを回すコツ

業務プロセスの改善サイクルを回すのは容易ではない。ホントは毎月毎週のようにコツコツとPDCAを回したい。しかし、現状把握(Check)や対応(Act)に時間が取れないのが実情? 業務プロセス定義をバージョンアップする(Re-Plan)なんて夢物語?? ここでは「少しの工夫」で「小さな改善」を繰り返す方法について提案したい。

Scroll to Top