デジタルコンテンツ制作業務の進捗管理(BPOプロジェクト成功事例)

BPO受託現場における「デジタルコンテンツ制作業務」例に、進捗の管理、実績の管理がどのように行われているのかを紹介。BPMシステムを活用して標準化を行うと、スーパーバイザーやオペレーターが業務を遂行する仕組みが自動的に構築される。この仕組み上に蓄積された業務の記録がグラフィカルに表示される機能を活用して、進捗管理・実績管理を簡単に行えるようになる。

デジタルコンテンツ制作業務の標準化(BPOプロジェクト成功事例)

BPO受託現場におけるBPOプロジェクトの成功事例を紹介します。対象となる業務はWebページ制作、画像制作、動画制作、メルマガ制作、CADデータ制作などの「デジタルコンテンツ制作業務」です。本記事では、業務の標準化から始まる業務システム構築と、進捗管理について紹介します。

DX時代こそSaaSフル活用

DX に必要な知識と心構えを考察してみた

何から手を付けたらよいのか? デジタルトランスフォーメーション(〔狭義の〕デジタル化)と言われても、そんな簡単に “変身/変革” できるものではない。大きな組織であればナオサラだ。しかし組織として生き残るためには、このDX時代の “新しい武器” すなわち Cloud Social Mobile Analytics の4技術を取り入れていくしかない。それらは戦国武将にとっての “鉄砲” みたいなモンなんだろーなーと思う。(IT業界歴20年)

Go To Trouble

GoToトラベルの還付手続き、やってみた

その方針が二転三転した観光振興政策『Go To トラベル』。旅行業界にすら『Go To トラぶル』と揶揄されている。情報システム部門の視点で言えば、納期直前の仕様変更で『Go To 炎上プロジェクト(徹夜対応)』と言ったところか。しかし、変更に対して不平不満を叫んでいるだけでは「”デジタル化という急激?な変化” に対して不平不満を述べているオジサマ管理職」と同じだ。そもそも「緊急経済対策」の一環なのだから、ある程度の混乱はやむを得ない。むしろ、21世紀の企業であれば、この程度の激変に対して「素早いシステム化」で対応できなければならないのだろう。

ウイルス?災害?何が来てもいつもどおり仕事を進められる環境とは?

「どんな環境や状況でも、いつもどおり仕事が進められること」は、テレワークを実践する上で重要なポイントです。そこで、クエステトラ社の日常的な業務の進め方から、クラウド型ワークフローを使用した「緊急事態にも強い業務システム」の作り方について考えました。

テレワークに必要なのは…

新型コロナウイルスの関連で急速に注目を集めるようになった「テレワーク」。しかし、その導入を巡っては、メリット・デメリットの両方が指摘されているのも実情です。そこで、弊社の事例から、勤怠管理や環境整備など、テレワークをスムーズにおこなうコツについて解説します。

Scroll to Top