業務自動化お役立ち資料ダウンロードの扉絵

皆さん、繰り返しの手作業、うんざりしていませんか?

  • 受注内容などの情報を他のシステムに再入力する必要がある。
  • 案内メールを毎回手入力し、手動で送信する必要がある。
  • 入金されているか、何度も確認する必要がある。
  • 複数のクラウドサービスにデータが分散しており、データを集約する必要がある。

…などなど、ビジネスシーンにおいて、この様な経験をされたことはありませんか?

この様なアナログ作業が増えてしまうと、入力ミスで仕事が増え、業務効率が上がらないばかりか、請求漏れや確認漏れなど、トラブルに発展する危険性もあります。

そのため、この様な業務を「何とか自動化できないか?」と思う方は多いと思います。

じゃあ、自動化しよう!

では、自動化は簡単にできるのでしょうか?いえ、そう簡単にはいかないようです。
例えば、

  • 自動化したいが何から手を付ければ良いかわからない。
  • 複数のサービスを利用しており連携方法がわからない。
  • 複数のクラウドサービスを連携するには、手間やコストがかかる。
  • 自動化すれば、逆に業務量が増えないかが心配だ。

などなど、多くのケースでは、上記のような様々な課題に直面します。

業務自動化のコツ

どうすれば、自動化が簡単にできる?

では、上記のような課題を解決するためには、先ず何をすればよいのでしょう?それは、ずばり

「業務プロセスを可視化すること」です!

ここからは、お役立ち資料「業務の見える化/自動化物語」や、「複数のクラウドサービスを利用する際の課題と解決方法とは?」の中で、

  • 業務プロセスを可視化するための、具体的な方法。
  • GoogleやBoxなど複数のクラウドサービスと連携し、業務を自動化する方法。
  • 複数のクラウドサービスを利用している際、ライセンス費用をおさえる方法。
  • 複数のクラウドサービスに分散したデータを集約する方法。

…などをご紹介していきたいと思います!

業務の見える化/自動化物語の説明画像

続きは、ダウンロードしてお読みいただけます!

全てのお役立ち資料は、以下の手順でダウンロードし、無料でお読みいただけます。

  1. ダウンロードURLを受け取るメールアドレスを入力
  2. 「プライバシーポリシー」をお読みいただき、よろしければ同意にチェックを入れる
  3. しばらくすると、登録したメールアドレスにメールが届きます。
  4. 届いたメールに記載されているURLからコンテンツをダウンロードできます
Scroll to Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。